鍋つゆ、外食に負けぬ多彩さ提案 中部の食品各社

2019/11/29 19:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

寒い冬の到来とともに家庭用の鍋つゆ商戦が本格化している。ミツカンは消費量が増えているチーズに合う商品を新たに発売。マルサンアイやイチビキ(名古屋市)は辛味の鍋つゆを売り出した。10月の消費増税で食品が軽減税率の対象になったのを追い風に、中部の食品メーカーが外食に引けを取らない多彩な鍋つゆの開発に工夫を凝らしている。

ミツカンは「〆まで美味(おい)しい鍋つゆ」シリーズにポトフとミネストローネの2種…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]