ヘリウム不足に研究者悲鳴 価格が倍増、実験中止も
超電導などの研究に不可欠

2019/12/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東大物性研究所のヘリウム液化装置。10月から外部の研究者も使えるようにした

東大物性研究所のヘリウム液化装置。10月から外部の研究者も使えるようにした

超電導などの研究に不可欠のヘリウムが供給不足に陥り、研究機関が悲鳴を上げている。2018年度に比べ価格が2倍以上に高騰し予算を圧迫、入手できずに実験を中止する例もある。再利用などで対応を急ぐが、供給量の増加は見通せない。研究者は長期的な危機管理対策が必要だと訴える。

「実験装置を止めれば、100人以上の学生が学位論文を書けない」。東京大学物性研究所の山内徹・技術専門職員は頭を抱える。

山内氏が管理する装置は物質の磁気的性質を測定でき、次世代の超高速計算機と期待される量子コンピューターの開発にも使われる。測定に不可欠なヘリウムの価格が、4月から3月末の2倍以上に跳ね上がった。18年度の購入費は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]