JPX清田CEO、TOPIX見直し 投資家配慮求める

2019/11/29 20:00
保存
共有
印刷
その他

日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)は29日の定例会見で、市場改革の中で議論されている東証株価指数(TOPIX)見直しについて、投資家への配慮を求め「慎重な論議が必要だ」と述べた。金融庁の審議会が年内に報告書にまとめた後、東証が具体的な制度設計を担う。

清田CEOは市場区分の数値基準や経過措置などについて「議論するポイントはまだまだ多い」とした。

JPX傘下の東京証券取引所は同日、親会社を持つ上場子会社のガバナンス(企業統治)について検討する有識者研究会を設けると正式発表した。親会社との間で利益相反が起きやすいため、少数株主を保護する枠組みなどを議論する。ヤフー(現・Zホールディングス)が子会社アスクルの社外取締役3人を事実上解任したのを受け、上場子会社の統治の実効性を高める方向だ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]