冬と猫 島本理生

エッセー
2019/12/6 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

猫がすり寄って来ると、今年も冬が来たな、と思う。

我が家の猫はオス猫で、名前をたびという。もともと人懐こいほうだが、夏の間は人間が抱き上げても

「はいはい」

という顔をしている。

それが先週くらいから、私がソファーに腰掛けた途端、ダッと駆けてくるようになった。

私が立ち上がると、今度は夫に前足でしがみ付く。

朝などは、起きたばかりの我が子の膝に無理やり乗るもののはみ出して、猫というよりは子猿のようで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]