水泳スクールでガス発生か 薬誤投入、子どもら8人搬送

2019/11/29 18:21
保存
共有
印刷
その他

「ガスが発生した」との通報があったスイミングスクール(29日午後、名古屋市中川区)=共同

「ガスが発生した」との通報があったスイミングスクール(29日午後、名古屋市中川区)=共同

29日午後3時半ごろ、名古屋市中川区高畑5のスイミングスクール「JSS中川スイムスクール」で、「塩素タンクに(普段と)違う薬剤を入れたらガスが発生した」と男性支配人から119番があった。愛知県警中川署によると、5~8歳の男児4人と女児2人が気分の悪さと目の痛みを訴え病院に搬送されたが、いずれも軽症。

同市消防局によると、6人の搬送後、さらに不調を訴えた男児1人と20代の男性従業員も搬送された。

中川署によると、職員が「プール消毒用の塩素の濃度を調整する機械に、ミスで違う薬剤を入れてしまった」と説明しているといい、詳しい状況を調べている。

名古屋市消防局によると、検知器に塩素ガスの反応があった。建物内には当時、約60人がいたが、外に避難したという。

生徒の小学1年の女児(7)は「体操していたら消毒液の強いにおいがして、外に出るように言われたので、急いで服を着て逃げた。怖かった」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]