「戦後の転換かじ取り」「強固な日米同盟確立」
中曽根元首相死去に悼む声

2019/11/29 21:07
保存
共有
印刷
その他

中曽根康弘元首相が29日に死去したことを受けて、政界や経済界から悼む声が相次いだ。

安倍晋三首相は「戦後史の大きな転換点にあたってかじ取り役を果たした」との談話を発表した。「強固な日米同盟確立」などの功績も強調した。

29日夜、首相官邸で開いたエルサルバドル大統領との共同記者発表の場では「一貫して憲法改正の必要性を強く訴えてこられた」と語った。そのうえで「こうした我が国の未来に対する強い思いは必…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]