幼保無償化に「3歳児格差」 こども園、年数十万円差も

経済
生活
2019/11/30 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

こども園では同じ3歳児でも親の負担に差が生じる

こども園では同じ3歳児でも親の負担に差が生じる

10月に始まった幼児教育・保育の無償化を巡り、保育園と幼稚園の機能を併せ持つ認定こども園で「3歳児格差」の問題が浮上してきた。幼稚園は満3歳から教育費が無料だが、保育園は年度末まで保育料が有料だからだ。同様のサービスを受けながら年数十万円の負担差が生じ得る。縦割り行政の矛盾が保護者に不公平感を広げそうだ。

【関連記事】
便乗値上げや負担増 幼保無償化、保護者に戸惑い
幼保の無償化、我が家は対象? 認可外は届け出必要

小学校入学前の子どもが通う施設には保育園、幼稚園、認定こども園の3つがある。厚生労働省所管の保育園は共働き家庭…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]