被災ローカル線に支援の輪 台風19号、長野や岩手

台風19号
2019/12/12 11:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風19号による土砂崩れなどで大きな被害を受けた鉄道に、支援の輪が広がっている。上陸から2カ月となった12日現在でも、6つのローカル線で一部区間の運休が続く。「一日も早く地域の足の復活を」。全線再開を願い、地元の子どもたちや学生、他地域の鉄道マンらが寄付金集めなどに取り組んでいる。

台風19号の豪雨で千曲川が増水した長野県上田市では、川に架かる上田電鉄別所線の赤い鉄橋の一部が崩落したままだ。北陸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]