/

この記事は会員限定です

タイ人観光客・留学生と交流、サワディー佐賀代表世話人

興すパーソン

[有料会員限定]

日本三大稲荷に数えられる佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社にタイからのインバウンド(訪日外国人)が急増している。2014~15年にタイで公開された映画やドラマのロケ地となったことで人気が出て、朱塗りの社殿前で記念写真を撮る光景が日常的に。県内在住のタイ人とタイ好きの人を結ぶ任意団体「サワディー佐賀」(佐賀市)は18年から同神社にタイ語の通訳をボランティアで派遣。代表世話人の山路健造さんはメンバーとパンフレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン