タイ人観光客・留学生と交流、サワディー佐賀代表世話人
興すパーソン

2019/12/2 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本三大稲荷に数えられる佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社にタイからのインバウンド(訪日外国人)が急増している。2014~15年にタイで公開された映画やドラマのロケ地となったことで人気が出て、朱塗りの社殿前で記念写真を撮る光景が日常的に。県内在住のタイ人とタイ好きの人を結ぶ任意団体「サワディー佐賀」(佐賀市)は18年から同神社にタイ語の通訳をボランティアで派遣。代表世話人の山路健造さんはメンバーとパンフ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]