/

大阪大学と三井不動産、ロボットが接客 吹田市で実験

小型ロボット「コミュー」はフードコートで料理を提案する

大阪大学は29日、三井不動産と組み、複合商業施設「エキスポシティ」(大阪府吹田市)で対話ロボットが接客する実証実験を12月に始めると発表した。ロボットが小売店で販売員を補助したり、フードコートで料理をすすめたりして来場者へのサービスの質を高める。実施期間は5年間。実用化に向けた改善点やロボットが社会で担える業務を見極める。

小型ロボット「コミュー」や人間型ロボット(アンドロイド)「エリカ」など計8体を使う。コミューはフードコートで来場者から食べ物の好みを聞き料理を提案。エリカは小売店でカードの会員登録の勧誘などをする。今後は施設内の英語教室や水族館にもロボットを導入する計画だ。ロボット法が専門の慶応義塾大学の新保史生教授なども加わり、ヒト型ロボットの普及に伴う法的・倫理的な論点も洗い出す。

人口減少により国内の労働力が不足するなか、対話ができるサービスロボットは高い成長が見込める。プロジェクトの代表を務める大阪大学の石黒浩教授は「人間とロボットが共生する社会を実現したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン