多国間枠組み、対立の解毒剤に J・スタインバーグ氏
元米国務副長官

Asiaを読む
2019/11/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国のオバマ大統領(当時)は2011年11月、オーストラリア・キャンベラで演説し、アジア太平洋地域を重視することを表明した。オバマ氏の戦略の核心は、地域の多国間主義への関与だった。

現在のトランプ大統領は11月上旬、こうした姿勢にはっきりと終止符を打ったといえる。東アジア首脳会議に大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を派遣し、本人は3年連続で欠席した。トランプ氏が声高に叫ぶインド太平洋戦略には、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]