AIと英会話練習 ECC、小学校と実証実験

2019/11/29 17:01
保存
共有
印刷
その他

英会話教室のECC(大阪市)は29日、近畿大学付属小学校(奈良市)と組み、授業で人工知能(AI)と英会話練習ができるアプリの実証実験を始めた。タブレットに向けて英語で話しかけると、AIが返答する。生徒のレベルに合わせて、教師がコンテンツを独自にアレンジもできる。

小学生が清水寺で訪日観光客に案内や日本文化の紹介をした。

アプリ名は「おもてなCityへようこそ!」。画面に登場した外国人のキャラクターに英語で、食べ物の好みを聞いたり、日本文化を教えたりする内容で、ゲーム形式で練習できる。

6年生の生徒らが2週間のアプリ利用を経て、29日に京都の清水寺で英語で訪日観光客を案内した。参加した生徒は「アプリでの練習が役に立ち、訪日観光客と会話ができて楽しかった」と話した。ECCは今後同アプリの実証実験を中学や高校などでも実施する予定。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]