/

この記事は会員限定です

インフル流行入り ゾフルーザ耐性問題の検証なるか

[有料会員限定]

塩野義製薬の抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」がいまだに耐性問題の渦中にある。2018年3月発売のゾフルーザは1回の服用で済む手軽さから、18~19年シーズンに最も多く使われた抗インフル薬になった。ただ、ゾフルーザが効きにくくなる耐性ウイルスの発生・感染拡大が懸念されている。耐性問題の検証には多くの投与データが必要な半面、処方に慎重な医師もいる。先行きに不透明感が出ている。

ウイルスが変異して効きにくく

「うちの子の体で『耐性菌(正確には耐性ウイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1457文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン