牙城揺らぐ労働党、離脱戦略描けず
英国の選択(1) 英中部アッシュフィールド

英EU離脱
ヨーロッパ
2019/12/2 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州連合(EU)離脱が最大の争点となる12日投開票の英国の総選挙が目前に迫ってきた。1月末の離脱実現を訴えるジョンソン首相の与党・保守党が単独過半数をうかがう勢いをみせる。一方、ライバル労働党は党内のEU離脱派と残留派の分裂に苦しみ、選挙の争点を絞れず後手に回る。スコットランドや北アイルランドでは、選挙を機に英国からの離脱を探る動きが強まるリスクもくすぶる。英国はどこへ向かうのか。選挙戦の現場を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]