/

この記事は会員限定です

長野の八十二銀、銀証リース一体型店舗を初開業、総合金融サービスを強化

[有料会員限定]

八十二銀行が店舗改革を加速している。11月中旬に初めて銀行と証券、リース業務を一体にした店舗を開設。近隣の店舗を集約する「店舗内店舗」の設置も広げ、行員の効率的な配置につなげる。日銀のマイナス金利政策が続くなか、銀行の収益環境は厳しい。顧客サービスの維持・向上と効率性の追求を両立させるための試みが続く。

「中野支店は総合金融サービスの具現化の一つの形だ」。18日に開いた同店の開業イベントに参加した八十二銀の浅井...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン