日鉄、トランプリスクに挑む アラバマで磨く耐保護主義

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
自動車・機械
環境エネ・素材
北米
2019/12/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本製鉄が米国事業の再構築に乗り出す。米トランプ政権が強める保護主義政策で域内の調達網に影響が出始めており、米南部では30年にわたる提携相手である欧州アルセロール・ミタルと技術を高め合う。米国を支える生産国のメキシコでは確執も経験した南米の鉄鋼大手、テルニウムと対策を急ぐ。保護主義への耐性を磨く現地工場の模索を追った。

米南部アラバマ州の広大な敷地に広がる自動車用鋼板の生産工場「AM/NSカルバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]