GSOMIA破棄抗議の断食、韓国野党党首終える
意識失い病院搬送

2019/11/29 13:55
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄などに抗議するためハンガーストライキを続けていた韓国保守系野党、自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は29日、断食を終えると表明した。8日目の27日夜に意識を失い、病院に搬送されていた。

黄氏は20日から、日中は大統領府近くの広場で座り込み、夜間は国会内にテントを張って断食していた。22日にGSOMIAの失効回避が決まった後…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]