冷戦終結のマルタ会談から30年 ロシアに積もる恨み
編集委員 池田元博

池田 元博
ヨーロッパ
Nikkei Views
編集委員
2019/12/3 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東西冷戦の終結から30年。米欧が民主主義、自由経済の勝利と酔いしれたのもつかの間で、世界は「新冷戦」とも呼ばれる混沌の時代を迎えた。背景に垣間見えるのは、冷戦の敗者とされたソ連の継承国ロシアによる米欧への積年の恨みだ。

「軍拡、相互不信は過去のものになった」。1989年12月3日、米ソは地中海のマルタ島での首脳会談で、冷戦の終結を高らかに宣言した。

だが、米欧との協調で「欧州共通の家」をめざした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]