野党4党、国会審議に復帰 政府が「桜を見る会」で説明

2019/11/29 13:30
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党など野党4党は29日、衆参両院の国会審議に復帰すると決めた。首相主催の「桜を見る会」について、政府が安倍晋三首相らの招待者推薦枠に関する説明に応じる。自民党の森山裕国会対策委員長と立民の安住淳国対委員長が同日、断続的に会談し、政府からの説明を受けて国会審議を正常化させると合意した。

野党は桜を見る会の招待状に振られた区分番号と推薦者との関係について説明を求めていた。内閣府が共産党議員に提出した資料には「60~63」が「総理・長官等の推薦者」と記されている。参院行政監視委員会の理事懇談会を午後開き、内閣府が「招待状の発送を効率的に行うために付している」と発言した。

野党はマルチ商法を展開し経営破綻した「ジャパンライフ」元会長宛ての2015年の招待状に「60-2357」と書かれているのを問題視している。安住氏は「招待状は首相・官房長官枠だということになる。なぜ案内を出したのか(国会で)聞かないといけない」と述べた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]