「荒城に白百合ありて」須賀しのぶさん 幕末の薩摩と会津めぐる男女の悲恋えがく

読書
2019/12/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベルリンの壁崩壊前夜の東ドイツを舞台に音大生たちの生活を追った『革命前夜』(大藪春彦賞)など、近年はヨーロッパ史を題材とした小説が多かった。本書は初めて幕末を描いた作品であり、薩摩(現・鹿児島県)と会津(現・福島県)という敵対する藩の男女の恋愛を描いている。

「私の両親は会津の出身なので、幕末の会津を舞台とする小説を書いたら、と編集者には言われ続けてきました。でも、ゆかりがあるだけに自然と会津側…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]