/

韓国中銀、基準金利据え置き

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国銀行(中央銀行)は29日、金融通貨委員会を開き、政策金利を年1.25%で据え置くことを決めた。韓国銀行は7月、3年ぶりに利下げに転じ、10月には0.25%引き下げて過去最低の1.25%にした。2度の利下げの効果を見極める必要があると判断した。

韓国経済は米中貿易戦争や半導体市況の低迷の影響を受けて減速している。韓国銀行は2.2%としている2019年の成長率見通しを下方修正する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン