/

千葉、福島豪雨を激甚指定 台風19号に追加、閣議決定

政府は29日、千葉、福島両県などに大きな被害をもたらした10月下旬の記録的豪雨を激甚災害に指定することを閣議決定した。自治体の復旧事業に対する国庫補助率を1~2割程度引き上げる。既に指定した台風19号と一連の災害として追加し、対象期間を10月11~26日とする。地域は限定しない。

道路や河川、農地・農業用施設、林道などの復旧事業、災害公営住宅建設に対する補助率をかさ上げする。公民館や私立学校などの施設復旧も支援。被災中小企業に対し、事業再建資金を借り入れる際の優遇措置も実施する。

千葉、福島両県などでは10月下旬、台風21号や低気圧に伴う豪雨で土砂災害や浸水被害が発生した。

激甚災害は、インフラや農業などの被害額が一定基準を超えると指定される。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン