イラク、デモ鎮圧28人死亡 南部や首都で強制排除

中東・アフリカ
2019/11/29 7:49
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=共同】反政府デモが続くイラク南部のナシリヤや首都バグダッドで治安部隊が28日、デモ隊を強制排除し、ロイター通信によると少なくとも28人が死亡、数十人が負傷した。

イラク首都バグダッドでデモに参加し、殺害された人の遺品を見る人々=27日(ロイター=共同)

中部ナジャフでは27日、イラク政府に影響力を持つ隣国イランの在外公館の建物が放火され、当局が各地のデモ鎮圧を強める可能性が出ていた。ロイターによると、ナシリヤでは28日、橋を封鎖していたデモ隊を治安部隊が排除して24人が死亡した。バグダッドでも治安部隊の発砲などで4人が死亡した。

イラクでは10月に失業や劣悪な公共サービスに不満を持つ若者らのデモが拡大して以降、治安部隊による実弾などを使った鎮圧で350人以上が死亡している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]