患者の転倒リスク、AIが判定 エーザイがシステム

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ヘルスケア
2019/11/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エーザイは医療機関向けに入院患者の転倒を予測するシステムを発売した。人工知能(AI)が電子カルテ内の看護記録を毎日読み込み、リスクを解析する。しきい値を超えた場合にアラートを出すしくみだ。転倒・転落は院内トラブルの中で最も多い。転倒のリスクをあらかじめ予測できるため、転倒を未然に防ぎやすくなる。

新システム「コロバン」はデータ解析のフロンテオと共同で開発した。まず導入先の病院の過去1年の看護記録…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]