在韓米軍駐留費5倍 米の負担要求に韓国困惑
同盟弱体化の懸念

2019/11/28 22:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=恩地洋介】2020年分の在韓米軍駐留経費の韓国の負担分を巡る米韓の交渉が難航している。米国がトランプ大統領の方針を踏まえ、19年比で5倍相当の額を要求しているためだ。米国の強硬な態度に、韓国内では反米感情が強まる兆しも出る。日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄は回避したが、経費交渉の展開次第では米韓同盟が不安定化する可能性がある。

「韓国の提案は公正で公平な負担を求める我々の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]