小沢氏「小異捨て大同に」 衆院選へ野党再結集訴え

2019/11/28 21:43
保存
共有
印刷
その他

国民民主党の小沢一郎衆院議員は28日、静岡県掛川市で講演し、次期衆院選での政権交代に向け、立憲民主党などの野党勢力を再結集する必要があるとの考えを重ねて強調した。「野党がばらばらでは安倍政権と対決する力がない。小異を捨てて大同につけば、次の総選挙で大勝利できる」と述べた。

2009年に旧民主党が政権を獲得した衆院選の投票率は70%近かったが、最近は50%台前半だと指摘。「自民、公明両党に代わる受け皿がないためだ。政権交代の可能性があれば投票率は上がる」と強調した。

細川政権と旧民主党政権の失敗に触れ「簡単に百点満点は取れない。志を持って国民の期待に応えなくてはならない」と語った。

〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]