/

この記事は会員限定です

ブランド外せば売れる服 不良在庫は宝の山

それでも、アパレルと生きる(4)

(更新) [有料会員限定]

百貨店やセレクトショップ。きらきらとした空間に一歩足を踏み入れれば、そこには華々しく並べられたアパレルの数々。だが、実はそのうち売れるのは半分だけ。日本では年間15億着が売れ残り、不良在庫となっている。

そんな現実を逆手にとり、新しいビジネスへと結びつけた起業家がいる。FINE(名古屋市)代表の加藤ゆかりだ。

ワンピースにブラウス、スカート。奈良市にあるFINEの工場。作業台に並ぶのはメーカーが作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3040文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

それでも、アパレルと生きる

アパレル業界に元気がない。聞こえてくるのは大量閉店やブランド撤退などリストラに関するニュースばかりだ。「それでも、アパレルと生きる」。やっぱり服が好き、ファッションが好きな人たちがアパレルに集まってくる。業界の常識を乗り越え奮闘する経営者やデザイナーたちを追った。(この連載は本編4回、番外編2回で構成します)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン