関門トンネル人道 気軽に味わう「海底散歩」
おでかけ 九州・沖縄

2019/11/29 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

本州と九州を隔てる関門海峡は潮の流れが速く船の難所として知られるが、戦後開通した「関門トンネル人道」のおかげで歩いて渡れるようになった。地元の生活に欠かせない一方、隠れた人気スポットになり、最近は海外からも観光客が訪れる。同トンネルをはじめ九州・沖縄の「おでかけ」先を随時紹介する。

北九州市門司の入り口から、内側を銀色の金属板で覆われた無機質なエレベーターに乗り込み約30秒。扉が開くと薄暗い広場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]