矛盾はらんだ国策会社上場 サウジアラムコIPO
原油減産、株主利益と相反

2019/11/28 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコによる12月の新規株式公開(IPO)は、当初の計画規模を大きく下回る見通しとなった。市場の価値評価は実力者ムハンマド皇太子が主張した2兆ドル(約218兆円)に及ばず、国内向け売り出しの上積みを迫られた。王室の力の源泉となってきた巨大国策会社の上場は様々な矛盾をはらみ、皇太子は統治をめぐる深刻なリスクをかかえこんだ可能性がある。

11月半ば、アラムコのIP…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]