東京ムーブメント

フォローする

幕張メッセ、GWにイベント可能に 五輪の使用期間短縮

Tokyo2020
2019/11/28 19:41
保存
共有
印刷
その他

千葉県は28日、東京五輪・パラリンピックの競技会場となる幕張メッセ(千葉市)について、大会組織委員会が使用期間を短縮する方針を伝えてきたと発表した。国際展示場の一部で使用開始日を約2週間遅らせ、2020年5月6日に変更する。ゴールデンウイークもイベントや見本市を開催できるようになり、地域経済にプラスの効果が期待できそうだ。

使用期間を短縮するのは国際展示場の1~3、7ホール。当初は「20年4月21日~9月20日」の予定だったため、GW中のイベント開催は不可能だった。国際展示場に隣接するイベントホールも使用開始日を約6週間後ろ倒しして、6月1日に変更する。

県オリンピック・パラリンピック推進局によると、組織委から「仮設施設の工事日程が固まりつつあり、使用期間を短縮できるメドが付いた」との説明があったという。国際展示場のうち、レスリングやテコンドー、車いすフェンシングの観客席などを設置する4~6ホール、9~11ホールは予定どおり20年4月21日から使用する。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
暑さ対策のため、テスト大会の会場近くに設置されたミストシャワー機(2019年7月、東京都品川区)


 真夏に開かれる東京五輪は暑さ対策が大きな課題だ。期間中は常に熱中症の危険があり、大会組織委員会は選手だけでなく、観客やボランティアそれぞれに気を配る。また汚水が流れ込み、昨年のテスト大会で評判の悪か …続き (1/26)

JR東日本の駅案内AIサイネージ


 五輪開幕まで半年となり、大会を成功に導くための準備もヤマ場に差し掛かる。海外からの観客が利用しやすいように東京の交通機関などは外国語対応を進め、「おもてなし」を担うボランティア研修も本格化。全国各地 …続き (1/25)

東京五輪・パラリンピックの日本代表選手団公式服を披露するパラアーチェリーの上山選手(左)と競泳の瀬戸選手(23日、東京都千代田区)

 伝統の「日の丸」カラー、暑さ対策や共生の理念も考慮――。2020年東京五輪・パラリンピックの公式服が23日、公開された。「ニッポンを纏(まと)う」をコンセプトに、日の丸をイメージさせる赤白と日本古来 …続き (1/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]