東京ムーブメント

フォローする

五輪の代償、花火大会中止や変更30カ所 警備員が枯渇

Tokyo2020
Bizレーダー
2019/11/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

約1万4千人。2020年東京五輪・パラリンピックで1都3県を守るのに必要な警備員の人数だ。セコムや綜合警備保障(ALSOK)など警備各社は全国から警備員を集める考えだが、その副作用が広がってきている。警備員不足で地方の花火大会は中止が相次ぎ、建築・土木工事に遅れが生じる恐れもある。華やぐ五輪のイベントが皮肉にも、働き手不足という日本経済の重い課題を浮き彫りにした格好だ。

■経済効果が大きいのに…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と東京都は22日、五輪開催期間中に都心部などで繰り下げ運転を行う鉄道各線の終電時刻を発表した。鉄道各社は最大2時間ほど終電の運行時間を繰り下げる。午後 …続き (1/22)

 東京都は2020年度に郊外の多摩地域でテレワーク拠点を設ける。企業に無料で開放し、気軽にテレワークを試せるようにする。東京五輪・パラリンピック期間中に都心の交通混雑の緩和へ、テレワーク導入を検討する …続き (1/22)

インバウンドの誘客で受け入れ体制も強化

 長野県松本市は外国人旅行者宿泊者数(延べ数)の新たな数値目標を設定した。2021年に18年実績比で約34%増の23万人泊を目指す。同市の政策目標を掲げている「健康寿命延伸都市・松本 『地方創生総合戦 …続き (1/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]