群馬県、中国「微博」と連携 観光地アピール

2019/11/28 19:04
保存
共有
印刷
その他

群馬県は中国のSNS「微博(ウェイボ)」と連携した情報発信を進める。東京都内で28日開かれた微博主催のイベントに参加し、県内観光地などをアピールした。29日からは微博で多数のフォロワーを持つ「インフルエンサー」らを群馬に招き、温泉地などを視察してもらう。中国人観光客の増加に向けアピールを進める。

28日に東京・港の八芳園で微博のイベントが開かれた。微博で活躍し中国で大きな影響力を持つ日本企業や日本人アーティストを表彰した。群馬県は会場内に観光PRブースを出展したほか、マスコットキャラクターの「ぐんまちゃん」も登場した。

29日から12月2日にかけては微博のインフルエンサー10人と運営会社の職員4人が来県する。草津温泉(草津町)や伊香保温泉(渋川市)を視察し、微博に情報を発信する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]