iPS細胞による医療 具体性欠く国の戦略

安藤 淳
ヘルスケア
医療・健康
関西
科学&新技術
編集委員
2019/11/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新薬は研究段階から製品化までに10年以上の期間がかかり費用も1千億円を超えて当然とされる。iPS細胞はまったく新しい発見なだけに、なおさらハードルが高い。山中伸弥京都大学教授が最初に発表してから13年がたち、治療応用へ向けて正念場を迎えている。

山中教授は治療用のiPS細胞を「公共インフラ」として備蓄し、丁寧に研究や技術開発を促したい。政府は巨額の国費を投じるからには実用化を急ぎ、新産業創出を早…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]