/

安全保障の超党派勉強会が発足

超党派の議連「日本の安全保障を考える議員の会」が28日発足した。共同座長に自民党の中谷元氏と公明党の佐藤茂樹氏、国民民主党の前原誠司氏が就任した。顧問には自民党の石破茂氏と浜田靖一氏、事務局長に長島昭久氏が就いた。中長期的な視点で日本の安全保障に関する提言をまとめる。年内に再び会合を開き、議論するテーマや提言の時期などを決める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン