電力・ガス会社、所得に課税 政府・与党方針

2019/11/28 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は、電力・ガス会社への法人事業税の課税方法を変える調整に入った。いまは収入金額に課税しているが、費用などを差し引いた所得への課税も部分導入する。会社の税負担は減るが自治体にも配慮し、税収の変化は最小限にとどめる。小売り自由化や2020年の発送電分離で電力・ガス会社と一般企業の競争が増えるため、課税方法の違いで有利不利が出ないようにする。

20年度の税制改正大綱に見直し方針を盛り込む。電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]