横浜市立大、エーザイと協定 課題解決学ぶ機会提供

ヘルスケア
南関東・静岡
2019/11/28 18:36
保存
共有
印刷
その他

横浜市立大学はデータサイエンスに関する人材育成と研究促進に向け、エーザイと「産学連携に関する基本協定書」を締結した。学生が同社を訪れて社員と交流し、企業の課題解決を学ぶ機会を設ける。大学院の研究科と同社で連携し、共同研究も展開する。

横浜市立大は学生が企業現場で課題を学び、データサイエンスを通じて課題解決を図る「PBL実習」に取り組んでいる。「購買者の偏りはマーケットと販売者どちらに問題があるか」「なぜこの商品は売れるのか」などについて、統計学などデータをもとに要因や解決方法を探る。まず課題を知る場として、企業に現場を提供してもらう。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]