男女で異なる発信スタイル 発言などの機会平等を
OECD東京センター所長 村上 由美子

2019/12/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ハーバード・ビジネススクールでは、成績上位5%の学生にベイカー・スカラーという最優秀賞を与える。MBA(経営学修士)を取得する女子学生は4割を超えたが、ベイカー・スカラーの女性比率は2割程度にとどまっていた。学力や潜在的能力など男性と同じ条件を満たして入学した女性達。入学後に苦戦したのは、クラスでのディスカッションだった。

ハーバードでは成績の50%がディスカッションへの参加で決まる。積極的に…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]