/

イノベーション指数、日本は32位 竹中平蔵教授ら開発

東洋大学は28日、各国のイノベーションの進捗度を測る新指数を開発したと発表した。1人あたりの生産性など一般的な経済指標のほかに、学生の起業意欲や国際会議の開催件数といった項目も評価対象とした。日本は比較可能な60カ国中で32位で、開発に携わった竹中平蔵教授は「政策提言につなげるための指数。今後も継続的に公表したい」と話した。

指数名は「グローバル・イノベーション・インデックス」。就業者1人あたりの生産性や特許出願数、研究開発(R&D)の技術者数など国際比較が可能な58指標をもとに策定した。国際ランキングでは日本が32位だった。1位はシンガポールで、米国は9位、中国15位だった。

日本は教育や多様性などの人間力に関わる指標の順位が低かった。竹中氏は「多様な働き方や雇い方を認める労働市場にする必要がある」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン