/

パナソニック、半導体事業の売却発表 270億円で

パナソニックは構造的な赤字事業の整理を徹底する方針だ

パナソニックは28日、半導体事業を台湾の新唐科技(ヌヴォトン・テクノロジー)に売却すると発表した。半導体事業子会社の全株式を2020年6月をメドに、2億5000万ドル(約270億円)で売却する。工場や一部事業の売却など構造改革を進めたが、半導体事業は赤字が続いていた。パナソニックは21年までに構造的な赤字事業の整理を徹底する方針を示している。

半導体事業を手掛ける完全子会社、パナソニックセミコンダクターソリューションズ(京都府長岡京市)を売却する。北陸に3工場がある、イスラエルのタワージャズとの共同出資会社の持ち分も譲渡する。半導体パッケージに使う一部関連部品をのぞき、半導体事業から撤退する。

パナソニックはかねて赤字が続いた液晶パネル事業と半導体事業について、20年3月期の黒字化を必達目標としてきた。半導体子会社の19年3月期の売上高は922億円、営業損益は235億円の赤字。今期は工場との契約見直しで収益が改善するものの黒字化は難しく、売却を決めた。液晶パネルも21年をメドに完全撤退する方針を決めている。

競合他社に見劣りする収益性の改善に向け、赤字事業の撲滅や低収益事業のあり方について検討を進める構え。長年続く構造改革を完遂し、成長領域に経営資源を振り分けたい考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン