「教科書通りの経営」で伸びた異端アパレル
それでも、アパレルと生きる(2)

それでも、アパレルと生きる
2019/12/1 2:01 (2019/12/3 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長らくパリやロンドン、ニューヨークの最新ファッションを追いかけて商品を出し続けてきた日本のアパレル業界。顧客に向き合ってものをつくるという当たり前のことができていなかったことが、今の不況の一因だ。経営コンサルタントから転身してアパレル会社を興したkay me(ケイミー、東京・中央)社長の毛見純子は、コンサル仕込みの「教科書通りの経営」で、売上高を創業8年で40倍に増やした。今期は10億円の達成を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]