ドローン教室のスカイエステート、6500万円調達

2019/11/28 13:18
保存
共有
印刷
その他

ドローン(小型無人機)操縦士育成のSKY ESTATE(スカイエステート、東京・目黒)は27日、不動産再生を手がけるサンフロンティア不動産を引受先とする第三者割当増資で資金調達したと明らかにした。サンフロンティア不動産の出資比率は約20%で、スカイエステートを持ち分法適用会社とした。

スカイエステートは外壁点検のドローン操縦士を抱える

スカイエステートは2016年に設立されたスタートアップ企業。都内でドローンスクール1カ所を運営しているほか、自社の操縦士が建物の外壁点検などを手がける。サンフロンティア不動産から調達したのは約6500万円で、ドローンスクールの新規開設や人材採用に充てる。

サンフロンティア不動産は東京都内で約430棟のオフィスビルを管理しており、ドローンの活用で物件の外壁調査を効率化する狙いがある。赤外線カメラを搭載するドローンでは壁のひび割れや、建物の壁内部の劣化を検知できる。

サンフロンティア不動産によると人が足場やゴンドラを使って外壁を点検する場合に比べ短時間で済み、点検費用が半分以下になることもあるという。スカイエステートとの協業を通じ、物件の所有者に安価な点検サービスを提案する。

(山田遼太郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]