/

この記事は会員限定です

強気デスクも上司に緊張、「心見える化」試してみた

[有料会員限定]

テクノロジーで人間の心や精神の動きを浮き彫りにする「新しき理解者」が登場している。個人の内面をも数字で表すデータ化の波に、私たちはどう向き合っていくべきなのか。取材班は、「心を見える化」する2つの最先端技術を体験することで答えを探った。ひとつは人の顔の映像から性格を数値化できるという人材評価システム。もう一つは、着るだけでストレス値の推移を測れるというシャツだ。

取材班は、商社の京浜商事(横浜市)を訪れた。ロシアのウソ発見器を応用した技術を使った人材評価システムの販売を手掛ける。顔の肌の微細な動きをカメラで捉え、アルゴリズムが分析することで責任感やコミュニケーション能力、心の落ち着き具合など、内面に関わる10以上の項目を数値化するという。

社内でも「気性が荒い」と評判の男性デスク(44)が分析対象に名乗りを上げた。神妙な顔で分析用のカメラの前に座ると、たった30秒で撮影は終了。5分後には結果がはじき出された。同行した後輩の男性記者(38)が横からのぞき見て「当たっている」と苦笑した。

「自信」の項目が80で、「ストレス耐性」は100。自分のことが大好きで、周囲からのプレッシャーも気にしない"俺様体質"がにじむ。デスク本人は「結構、周りに気を使っているけどな」とやや不満そうにつぶやいた。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データの世紀

データ資源は21世紀の「新たな石油」といわれる。企業や国の競争力を高め、世界の経済成長の原動力となる。一方、膨大なデータを独占するIT(情報技術)企業への富と力の集中や、人工知能(AI)のデータ分析が人の行動を支配するリスクなど人類が初めて直面する問題も生んだ。
連載企画「データの世紀」とネット社会を巡る一連の調査報道は、大きな可能性と課題をともにはらむデータエコノミーの最前線を追いかけている。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン