/

この記事は会員限定です

地方私大「公立化」の光と影、揺れる北海道

[有料会員限定]

全国で相次ぐ地方私大の公立化が北海道北部を揺さぶっている。旭川大学(北海道旭川市)が早ければ2022年の公立化を目指す一方、すでに断念した大学もある。旭川大は公立のブランド力で志願者数を増やし、入学難度の水準すら上がるバラ色の未来を描くが、そう単純には動かない。

「今後20年は持たない。早く公立化を」。11月7日、中小企業家同友会道北あさひかわ支部が主催した「旭川大の公立化について考える」シンポジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン