/

この記事は会員限定です

医薬品卸談合、一括発注を悪用か 機構の効率化背景

[有料会員限定]

全国で57病院を運営する独立行政法人「地域医療機能推進機構」(JCHO、東京・港)発注の医薬品の入札を巡り、卸大手4社が談合を繰り返していた疑いが浮上し、公正取引委員会は27日、強制調査に乗り出した。経営効率化で医薬品費を抑えるために採用された一括発注の仕組みを悪用し、受注を分け合って価格が下がらないよう調整していた可能性がある。

独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で強制調査を受けたのは、メディパルホールディングス(HD)傘下のメディセオ(東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン