/

この記事は会員限定です

国策有機ELなお多難 JOLED、世界初製法で量産へ

低い良品率、コスト課題

[有料会員限定]

パナソニックソニーにルーツを持つ有機ELパネルメーカーのJOLED(ジェイオーレッド)が、初の量産ラインを完成させた。モニターや車載用のパネルを作る。独自の製法によりコスト面などで韓国勢などに対抗する戦略だが、良品率はまだ低いとみられ、強みを発揮できるかどうかは不透明だ。経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)と並ぶ、もう一つの国策パネル会社も多難な船出を迎えた。

「印刷方式で世界初の量産ラインが完成した」。JOLEDの石橋義社長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン