屋台の営業継続認めず、公募落選の老舗2店 福岡地裁

2019/11/27 21:43
保存
共有
印刷
その他

観光客にも人気の福岡市の屋台を巡り、営業の適正化を掲げて市が進める業者の選考方法が不当だなどとして、公募に落ちた老舗屋台2店の元経営者が営業継続できるよう市に求めた訴訟の判決で、福岡地裁は27日、請求を退けた。

判決によると、市は名義人と実質経営者が異なる「名義貸し屋台」について、営業に必要な道路の使用許可を更新しない方針を公表。原告2人は長年営業してきたが、市が2016年に適正化を掲…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]