米銀再編が好機に、米アレスCEO
中小企業向け融資で収益伸ばす

金融最前線
藤田 和明
編集委員
2019/11/27 22:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米投資ファンド、アレス・マネジメントは銀行が手掛けない中小企業向けの直接融資で収益を伸ばしている。来日したマイケル・アロゲッティ最高経営責任者(CEO)に戦略や景気への見方を聞いた。

(聞き手は編集委員 藤田和明)

――なぜ中小企業向け直接融資なのですか。

「米国では1990年代から銀行再編が起き、銀行の数が半減した。加えて、米金融危機の反省から銀行の資本規制が強化されたことで、大手銀行が手掛ける…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]