/

この記事は会員限定です

セブン、小容量総菜の鮮度を延長 コールスローなど4品で1日長く

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパンは2020年春までに、賞味期限が迫って廃棄扱いとなる食品を減らすため小容量の総菜4品の鮮度を長くする。容器のフタを密閉しやすいシール式に切り替えたり調理法を工夫したりして酸化を抑え、売り場に並べられる時間を約1日半から約2日半に延ばす。食品廃棄は資源の無駄やコスト増につながるため、対応が求められていた。

対象はコールスローサラダやポテトサラダなど容量の少ない総菜シリーズ4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン