山手線の車内で筋トレ JR東日本、アプリを試験導入

サービス・食品
東京
2019/11/28 2:00
保存
共有
印刷
その他

アプリで電車内でもできるトレーニングを案内する(イメージ)

アプリで電車内でもできるトレーニングを案内する(イメージ)

JR東日本とJR東日本スポーツ(東京・豊島)は電車内で気軽に筋力やメンタルのトレーニングに取り組めるようにする専用アプリ「‘TRAIN'ing」を山手線の区間で2020年3月まで試験的に導入する。乗車位置や混雑率に応じて、車内でできるトレーニングを音声で案内し、移動時間を有意義に使えるよう工夫する。

11月26日~3月12日の期間で運用する。利用者はまず、山手線のホーム上でアプリを起動し、乗車前に乗車駅と降車駅、トレーニングの種類を選ぶ。乗車後に座席やつり革など自分が乗った位置を選ぶと、降車駅まで1区間ごとに違う種類のトレーニングが提案される。JR東は今後、試験導入の反響を見て、山手線以外での導入も検討する方針だという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]