秋田の新政酒造、仕込み全て木桶に 伝統回帰で味追求

東北
2019/11/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒「No.6(ナンバーシックス)」で知られる新政酒造(秋田市)は、日本酒の仕込みを全量木桶(おけ)に切り替える。2019年は45本中33本が木桶になり、20年に全量を木桶仕込みにする予定。「日本酒の味に深みをもたらす」(佐藤祐輔社長)として日本酒造りの伝統に回帰する。ブランド価値をさらに高める狙いだ。

木桶による仕込みは昭和初期まで一般的だった。水漏れ防止など補修に手間がかかり、雑菌が混入し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]